ORIENTATION AND HEIGHT ADJUSTMENTS

Q, 最適な音を得るためにピックアップの高さを調整すべきですか?

規格化された距離はありません。弦(通常は高Eまたは低E)が最も高いフレットで押さえられているときに、ポールピースの上部から弦の下部までの弦の高さを測定します。

標準のフルサイズハムバッカーの場合、ブリッジピックアップの適切な弦との距離は、高Eから1/16インチ(約1.5 mm)、低Eから5/64インチ(約2 mm)です。

推奨距離はありません。他の4つの弦(2弦~5弦)の場合、ポールピースは必要に応じて1弦と6弦の音量に合わせて耳で調整します。ブリッジピックアップを適切な距離に調整したら、ネックピックアップを耳で調整してバランスを調整できます。

シングルコイルピックアップおよびアルニコ5マグネットを使用したすべてのハムキャンセリングシングルコイルの交換においては、下記に示す距離が最適であることを見つけました。

ネックとミドルのピックアップ

低E 1/8インチ(3.2mm)

高E 3/32インチ(2.4mm)

ブリッジピックアップ

低E 3/32インチ(2.4mm)

高E 1/16インチ(1.6mm)

VirtualVintage®2.1、2.2、およびVirtuAL2®モデルはマグネットプルが低いため、すべて弦に比較的近い位置で調整できます。Virtual T™およびChopper™、Cruiser®、Pro Track™を含むすべてのFast Track™モデルも同様です。

ネックとミドルのピックアップ

低E 3/32インチ(2.4mm)

高E 1/16インチ(1.6mm)

ブリッジピックアップ

低E 1/16インチ(1.6mm)

高E 3/64インチ(1.2mm)

上記の設定は、高域を強調し、アタック感が高まります。よりオープンな1950年代のサウンドを得るには、ピックアップを弦から1/32インチ(0.8mm)離して調整してみてください。

Q, ピックアップを弦に近づけすぎるとどうなりますか?

ピックアップが弦に近づくほど、アンプへ送られる信号が強くなります。

ただし、磁場も近く強くなります。磁場が強くなりすぎると、弦の振動を変化させてビビりが生じたり、サステインを低下させる可能性があります。