CONTROL VALUES

Q, 200K または 500K のポットを使用する必要がありますか?

ギターのピックアップの種類に関係なく、ポットの抵抗値が高いほど、パワーとトレブルのレスポンスが少し高くなります。 これが良いか悪いかは個人の好みの問題です。

初期の頃、ギブソンは500Kコントロールを使用し、フェンダーは250Kを使用していたため、シングルコイル= 250K、ハムバッカー= 500K という理論が始まりました。

それ以来、どちらの会社もこの式に厳密にこだわっていませんが、その理論は続いています。 さまざまな値のコントロールを混ぜ合わせてピックアップやアンプを損傷することはありません。