• わたしたちDiMarzio®は長年、ハム・ノイズの無い本格的なビンテージ・シングル・コイル・サウンドのデザインに取り組んできました。

    私たちの目標は、1950年代から60年代初頭製のギターで耳にすることの出来る、最高品質のピックアップをキャプチャすることでした。

    いくつかの60年代初期製のピックアップをプレイして、鋼のようでありながらウッディでもあるその音色の特徴をつかんだうえで、当然ながらハム・ノイズからは無縁かつ低磁力な環境でそのサウンドの実現を求めました。

    ー結果、このArea61が、それを達するでしょう。

     

    ストラトキャスターにマウントするならば、どこのポジションでもマッチするでしょう。仮にナッシュビルからテキサスまでスタイルをまたいで一本のギターをプレイするなら、Area'58と組み合わせてこのArea'61をリアにマウントすれば、より完璧でしょう。

    AREA 61™ [DP416]

    ¥15,000価格
    • 過去10数年間で、ギタリストからテキサス・ブルース・サウンドを求める何百ものリクエストがありました。 そのサウンドは1960年代初頭のシングルコイルによるものが多いですが、ヘヴィなゲージの弦とやや強めの弾き手(ピッキング)にも、基づいています。 私たちがあなたのギターの弦や弾き手の力加減を変えることはできませんが、Area 61™はそのサウンドのベースとなる音の基を捉えたものです。 よってArea 58™と同様に、Area 61™は実にさまざまに、そのピッキングに応じて表情を変えるでしょう。ハードに弾くとビンテージのピックアップよりも思った以上にラウドかつタフに聞こえるかもしれません。が、ソフトなピッキングへの反応やボリューム・ポットを下げる方に回せば即、クリーンアップされるサウンドが期待できるでしょう。 Area 58™と同様に、ハム・ノイズをキャンセルする機能はフルサイズのハムバッカーより優れています。