USAのテクニカル・スラッシュ&デス・メタル・バンド、Revocationのギター&ヴォーカル:Dave Davidsonの7弦シグネチャー・モデル「Imperium7™」の登場です。

デイヴのプレイスタイルは単なるメタルにカテゴライズ出来ないもので、ギャロッピングからジャズに至るまで幅広く網羅され、高いオリジナリティーに溢れています。

Imperium7ネック・モデルはとてもスムーズかつ滑らかなサウンドで、リード・プレイの際にはネックとブリッジ・ピックアップとで僅かに違いがあるようチューンしています。 またデイヴは7弦ギターをバンドに採り入れた際、低音におけるパンチとクリアさの両方が必要だと気付きました。 よって彼が特にImperium7™のブリッジ・モデルに求めたものはダイナミクスと透明度で、バンドの激しく歪んだサウンドでの複雑なコード・ヴォイシングでもひとつひとつのノートがきちんと鳴り響くことでした。

Imperium7™の両方のピックアップはハーモニクスのレスポンスが非常に良好です。

「オープン・コードを弾いた際、高音の倍音が際立って、1音1音のスパークルな響きがとても美しい」とデイヴは語っています。

IMPERIUM 7™ NECK [DP715]

SKU: 6.63E+11
¥19,000価格
  • Imperium 7™ネック・モデルはPAFと同様の出力を持ち、Daveはこのピックアップで主にアンプでオーバー・ドライブ・サウンドを奏でます。 デイブのサウンドは、極端なオーバードライブからクリスタルの透明度まで、さまざまな領域とその間のすべてをカバーしています。 そのため彼のネック・ピックアップは、高速ソロからクラシックなジャズコードでも同じように機能するのです。