• 我々ディマジオがジョー・サトリアーニのために開発したフロント用ピックアップです。

    彼は50年代後半のギブソン社製ハムバッキング・ピックアップとディマジオのPAF Proそれぞれの良さを融合したようなフロント用ピックアップを求めていました。曰く、そのサウンドは"チューブなサウンド"と表現しています。

    ヴァーチャル・ヴィンテージ・テクノロジーを採用し、クリアな低音とウォームな中高域を程よくブレンド、リードおよびコード・トーンにおいて素晴らしいサウンド・クオリティを提供します。

    このピックアップは、ジョー・サトリアーニの"2003 G3ツアー"で初めて使用されました。

    PAF JOE™ [DP213]

    ¥15,000価格
    • 「チューブのような」とは何を意味しているのでしょうか?

      この場合、高音には丸みを帯びたヴォイシングを与えながら且つ低音はよりクリアに"話すように"なっていることを表します。

      これにより、コードの分離感が増し、ハイ・フレット域の単音はか細くならずにウォームなサウンドを維持できる、という次の2つの目標が達成されるのです。

      PAF Joe™は、PAFPro®よりもわずかにパワーが小さいです。また、PAF Pro®、FRED®、The Breed™Neck Model、Air Norton™、Norton®などのブリッジ・ピックアップとの組み合わせで良くバランスが取れるでしょう。