• あなたがトラディショナルなストラトキャスターのプレーヤーならば、このツイン・ブレード・ピックアップについてはあまり興味を持たないでしょう。

    しかしもし、あなたがよりモダンなプレーヤーであり、ハムノイズからは無縁で、弦落ちによるバランス・アウトもなく、サスティーンもあきらめずに居たいのでであれば、我々が開発したこのCruiser®を試してみてください。

     

    ヴィンテージ・シングルコイルから得られるような倍音と、まるで歌声のようにふくよかな中域が特徴です。

    加えて伝統的なシングルコイル・ピックアップよりもホットで、低音弦でも芯を失わないサウンドが得られるでしょう。

    つまりこのピックアップは、ミディアム・パワーのハムバッカーと同じような特性を備えた素晴らしいピックアップであり、ハイゲイン・アンプやマルチ・エフェクターでも本来の音色を失わずに、良く適合するでしょう。

    The Cruiser、The Chopper、 Pro Trackを使用した時のフロント・ピックアップとして、または、Fast Track 1、Chopper、Pro Trackやフルサイズ・ハムバッカーをリア・ピックアップに搭載した場合のフロントもしくはセンター・ピックアップとしてもマッチします。

    THE CRUISER® NECK [DP186]

    ¥14,000価格
    • TheCruiser®に関するよくある質問は「シングルコイル・サウンドと比較してどうですか?」というものです。 その回答は我々の感覚だと、プレーン弦(「E」(1弦)、「B」、および「G」)は非常に近しいと感じ、巻き弦(「D」、「A」、および「E」(6弦))は、シングル・コイルよりもファットなサウンドだ、というものです。 このCruiserネック・モデルはブリッジ・モデルと同様、高音弦と低音弦のサウンドが互いに広がり混ざり合う傾向が強いため、オープンなサウンドをコードに求める場合にはとても効果的です。 また、標準的なシングルコイルよりも総じた磁力が約40%ほど弱いため弦に近い位置にセットすることが可能となり、大きな出力を得ることができるのです。