• ストラトキャスターでブルースを演奏する場合に何を必要とするでしょう?

    このVIRTUAL VINTAGE® BLUESピックアップならば一般的なシングルコイル・ピックアップと比較して、よりパワフルでウォームなサウンドが得られるでしょう。

    ハード・ピッキング時にも潰れず、オーバードライブされたアンプでプレイするときもオープンさを失わないでしょう。

    スピーカーから再生されるサウンドはシュリンクして散らず、密度を保ってジャンプアウトするでしょう。

    こういった性質はファットなネック・ポジションのサウンドを得たい場合にとても有用なのが普通ですが、仮にもしあなたが、薄いボディのギターや細いゲージの弦を愛用しているにも拘らずファットなサウンドを獲得したい場合には、このピックアップをブリッジ・ポジションに起用することも同じく効果的でしょう。

    一方ウォームなトーン特性のギターには、強靭なサウンドを提供するブリッジ用ピックアップとして機能するでしょうし、他のブリッジ専用ハイパワー・ハムバッカーと組み合わてネック用もしくはミドル用に選ぶのもまた、良いチョイスでしょう。

    もちろんVirtualVintage®ファミリーの一員であるがゆえに当然、ハムノイズからは殆ど無縁なほど極めてノイズレスなピックアップです。

    VIRTUAL VINTAGE® BLUES [DP402]

    ¥15,000価格
    • VirtualVintage®Blues Modelは、典型的なヴィンテージのシングルコイルよりもマッスルなサウンドを目指したピックアップです。 繊細でか細いサウンドのピックアップとは異なり、ハードなピッキングにも耐えます — その場合サウンドは、オーバードライブされたアンプで弾いたときでさえもシュリンクするのではなく、よりエキスパンドされているように聞こえるでしょう。 この特性は、ややサウンド傾向がか細いギターにファットなトーンを与えたい場合、ネック・ポジションに搭載することで絶大な効果を発揮するでしょう。対してもともとウォームなサウンド傾向のギターでは、強くてタフなサウンドのブリッジ・用ピックアップとして活躍できるでしょう。 幅広い帯域でその恩恵を被るために500Kポットでのコントロールをお勧めしますが、さらにウォームなトーン傾向を好む場合は、250Kのポットでも問題ありません。