▼F-SPACING / STANDARD SPACING

▼F-スペース(F-SPACING) / スタンダード・スペース(STANDARD SPACING)について

エレクトリック・ギターのデザインは、主にギブソン社のレスポール系とフェンダー社のストラトキャスター系に二分されます。

この2ブランドの大きな違いの1つとして挙げられるのが、弦と弦の間隔(=弦間ピッチ)です。

ギブソン社はフェンダー社よりも狭い弦間ピッチを一般的に採用しています。

そのため、ギブソン製ハムバッカー・ピックアップのポールピースは、フェンダー製ピックアップのマグネットよりも狭い間隔になっています。

一部モデルを除く、6弦用DiMarzio®フルサイズ・ハムバッカーでは、「スタンダード・スペース(STANDARD SPACING)」と「F-スペース(F-SPACING)」の両バリ―ションをラインナップしています。

草創期のDiMarzio製ハムバッカー・ピックアップは、ギブソン社の弦間ピッチに準じていたため、これらを”STANDARD SPACING”と呼んでいます。

そして、後にフェンダー社の弦間ピッチに準じた広い弦間ピッチを持つハムバッカーをリリースし、これらをF-スペース(F-SPACING)と呼んでいます。

Q. “F-SPACING”とは何ですか?

F-スペース(F-SPACING)のハムバッカーは、6弦ギターの1弦と6弦との間の距離がピックアップ上で2インチ(51mm)か、それ以上に設定されているギター用に設計されています。

また、製品の品番(Model Number)に"F"が付き、DPxxxFと表現されます。

Q. STANDARD PICKUPとF-SPACEDPICKUPのサウンドは同じですか?

同じです。

Q. ピックアップを取り付けるための弦間ピッチを知るにはどうすればよいですか?

F-スペースピックアップは、最初のポールピースから6番目までの中心から中心まで2.01インチ(51 mm)を測定します。スタンダード・スペースピックアップは1.90インチ(48 mm)を測定します。 一部のプレイヤーは、Fスペースピックアップはトレモロブリッジギターのブリッジ位置にのみ対応していると考えていますが、固定ブリッジを備えた多くのギター(1998年以降のGibson®およびEpiphone®LesPaul®、SG®およびセミホロウギターを含む)にはF-スペースピックアップが対応します。 1-11 / 16インチ(43mm)以上のナット幅を持つトレモロを装備したほとんどのギターでも、ネック位置にFスペースピックアップを使用する必要があります。 ブリッジ位置のピックアップを交換していて、弦間ピッチがわからない場合は、F-スペースモデルを搭載することをお勧めします。 最高のパフォーマンスを得るために、弦がポールピースの中心を正確に通過する必要はありませんが、Eストリングが完全にポールピースの外側に置かれるような状況は避けることが賢明です。

Q. ユニバーサル・スペーシング(UNIVERSAL SPACING)とは何ですか?

F-スペース(F-SPACING) / スタンダード・スペース(STANDARD SPACING)の両方で機能するピックアップを意味しており、X2N®とD Activator-X™が該当します。

固体バーポールピースがあるため、これらのモデルには「ユニバーサル」スペースがあります。

すべての7弦ハムバッカーは、Fスペースでのみ使用できます。

Parker Flyの交換用ピックアップはすべてFスペースのみです。

Q. シングルコイルのFスペースはありますか?

当社のシングルコイルサイズのピックアップはすべて、Fスペース用に設計されています。

Standard Spaced Evolution_DMHBdim_7.jpg
F-Spaced Evolution_DMHBdim_7.jpg